• XenForo had been updated to 2.0.4. Report issues here.

Lyrics Corrections for All pages

Spirica Rose

Fluent in Kajiurago
I've got the lyrics booklet for FJ 2010-2013 album done. Since It's quite a few pages, I put it in my public Photobucket album here. If you can't make out something, let me know and I'll enlarge it if need be.


Thanks, @george1234! Will do. I'm almost done with those scans (should be able to identify musicians, chorus singers, and such from what I saw flipping through it).
 
salva nos japanese kanji lyrics

栄光溢れる主よ
我等の言葉に耳を傾け
そして我等を哀れみ賜え
主よ、我等に耳を傾け賜え

我等に平安を与え賜え
そして敵の手から我等を救い賜え
主よ、我等を救い賜え

我等に耳を傾け、哀れみ賜え、主よ
我等に平安を与え賜え
聖なるかな グロリア

我等に平安を
そして彼等の為にレクイエムを奏で賜え
羊たちの中、祝福されし者の中に私を招き賜え
優しき主、彼等の為にレクイエムを
栄光溢れる主よ、聖なるかな グロリア

主よ、哀れみ賜え
常なる救済を
信仰深き魂を救い賜え
我等に平安を
そして彼等の為にレクイエム奏で賜え
聖なるかな、聖なるかな 主よ

主よ 哀れみ賜え……
I gather that these were the lyrics from Fiction, similar to the version on FictionJunction 2010-2013 The BEST of Yuki Kajiura Live 2?
 
sweet song japanese kanji lyrics

あの夏の日々をおぼえているわ
私達はあんなに側にいた
貴方は沈黙の歌を口ずさみ
風の竪琴を甘くつま弾いた

全ての展開が尊く神聖で
私たちは永遠の岸辺に近くいた
あの日々は去り もう二度と戻っては来ない

貴方は私の半分だったの…もうずっと昔のこと

貴方がいなければ人生は決して完全なものにはならないけど
でも私はまだ未来へと向かっている
貴方の優しい歌をまだ覚えているから

失われた地平に向かって貴方の名前を呼んでいる
何度も何度も…

夜はこんなに暗いけれど
新しい夜明けがもう私のすぐ近くにある
やがて太陽が昇り
全ての希望の種の上に輝くだろう
芽吹き、花を咲かせよ、と

あの冬の日々を覚えているわ
貴方は私の傍らに座っていた
二人きり閉じこもった場所で
私たちは雪解けの日を待っていた

全ての展開が尊く神聖で
その夜が永遠に続けばいいと思っていた
あの日々は去り、もう二度と戻らない
私はまだ貴方の優しい旋律を
ずっと待っている
風吹く夜に…
Done...
 
winter japanese kanji lyrics
冬の真ん中で
私達は手を取り合って歩いている
ずっと会えなかったけれど
貴方はやっと帰って来た
この冷たい大地を祝福する為に
夜が暗くて寒いのならば
キスで暖めてあげる
もう一度抱きしめさせて
そしてこの雪を越えて
ずっと側にいると言って欲しいの
貴方と会うまでは
私はいつも寒くて寂しい想いをしていた
でも今貴方がどうやって光を見つけるかを教えてくれた
どんな冬の暗闇の中でも
私達は手に手を取って彷徨っている
雪の丘を越えて
私達は冬の中を歩いて行くでしょう
Done...
 
Fiction japanese kanji lyrics

私は不実な望みの中に生きている
小さな光が見たいだけ
夢物語の中に見つけてみようか
忘れ去られた壊れた玩具が
語る少年の嘘を
夢語りに歌ってみようか
私はただの無口な女の子で
いつも何より近くに小さな天使の夢をみていた
la la la...と歌って

白夜の太陽が天空にある
小さな天使よ微笑んで
私の幻想を聴いて
夜の中で la la la...と歌うから

イマジネーションを羽ばたかせれば
分かり合うことが出来るはず
夢物語の中にきっと見つかる
人だけが夢を紡いで行けるから
見たままに信じるのをやめて
貴方自身の夢を語り続けて
無口な少女よ、目を醒まして
愚かな天使のように翼を広げて
貴方の幻想を歌って

la la la...と口ずさんで


白夜の太陽は天空にある
最初で最後の魅惑の閃き
私に地平線を見せて

la la la...と歌って


夏が来てキスをして恋に落ちて
でも私達は何も残さずこの場所を去って行く
忘れ去られた過去の恋物語を
誰かに聴いて欲しい
私はただの無口な女の子で
もっと理解して欲しいと思っただけ
私のメロディーを聴いて

la la la...と歌う


天空にある白夜の太陽
私の物語を語る手助けをして
景色を鮮やかに彩って
la la la...と歌う

私の夢語り
その中に生きている
Done...
 
canta per me japanese kanji lyrics

別れの歌を歌っておくれ 優しい響きで
過ぎ去った日々を いつも思い起こさせておくれ
愛の命、心の喜び、幸福よ、
愛しい人よ、やさしく歌っておくれ

リラを奏で、死の聖歌を歌っておくれ
天は開き、私達は光の中へ飛び去ろう
愛の命、心の喜び、幸福よ、
愛しい人よ、さようならと歌っておくれ

別れの歌を歌っておくれ 優しい響きで
過ぎ去った日々を いつも思い起こさせておくれ
愛の命、心の喜び、幸福よ、
愛しい人よ、やさしく歌っておくれ

リラを奏で、死の聖歌を歌っておくれ
天は開き、私達は光の中へ飛び去ろう
愛の命、心の喜び、幸福よ、
愛しい人よ、さようならと歌っておくれ
 

aki

I have reached Yuki nirvana
I changed the translation of salva nos a bit, namely that of "inter ovas locum, voca me cum benedictis". Didn't realise ovas=ovis before. blah.
 
Two corrections just entered:

After this tweet from Chiaki Ishikawa:

https://twitter.com/ishikawachiaki3/status/634733000543084544

ヘッドフォンの中、今夜もこの時間になってくると眠い。眠いんだす。

I re-checked the spelling for the song "静寂はヘッドフォンの中" on my copy of the Kimi wa Boku ni Niteiru CD
and corrected the entries on the lyrics section to match.

There was a comment on the FJY track Circus about the romaji for 標 which was sung as "shirube" although it had been listed on the lyrics as an alternate kun reading "shirushi", so I listened to the track and corrected the romaji lyric.
 
cynical world japanese kanji lyrics

私達は雨の中に立っている
喜びは傷みのよう
奇跡のようだと感じている
あなたは囚われ人で
この冷たい世界からどうしても逃れる事は出来ない

愛の虚しさに嘆くのなら
あなたの罪深い愛を辿ってごらん
暖かい風の中で貴方は幾たびも泣くでしょう
それが罪人の定め

息苦しさに善意は失われ
貴方は必死になって愛を探していた
招かれた貴方は私の側に
この皮肉な世界へと来たのでした

この寒い場所に私だけしかいないの
貴方にキスと奉仕を捧げましょう
最後の慰めがここにある
だから貴方はこの冷たい世界で
ただ私にしがみつくのでした
 

magicmagiamahou

I eat sleep and breathe Yuki
Not really lyric correction, but I made some kajiurago for the Kugatsu page in case anyone wants it. I tried to make it as accurate to the ears as possible.

sonte atoso
imia soltia diwo
isolte iya
tonoari wo aah
 
Fixed kanji for last verse of Hitorigoto / ひとりごと as per two mentions in the comments and checked against liner notes in FictionJunction elemental CD.
 
Top