• XenForo had been updated to 2.0.4. Report issues here.

Yuki Kajiura interview on Fate series sound creation

#1
https://news.walkerplus.com/article/174474/
実写とアニメの音楽制作の違いは?梶浦由記が明かす『Fate』サウンド・クリエイトの秘密(1/2)
手にした者の願いを叶える万能の願望機「聖杯」をめぐる魔術師たちの死闘“聖杯戦争”を描くヴィジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」。04年の初アニメ化以来、映像化される度に熱狂的なファンを増やし続けている同シリーズのアニメ最新作は、主人公・衛宮士郎(声:杉山紀彰)の後輩・間桐桜(声:下屋則子)をヒロインに据えた物語を全三章構成で映画化する。動員98万人、興収15億円の大ヒットを記録した『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flower』(以下『第一章』)に続く『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]II. lost butterfly』(以下『第二章』)の公開を19年1月12日(土)に控えるなか、音楽そして主題歌を手掛けた梶浦由記に、作品への想いを聞いた。

ハリウッド作品にも負けないアニメの音楽を手がけられるよろこび

1029287_615.jpg

  • 桜が慕う先輩・衛宮士郎(左)。[HF]は彼と桜の関係性をドラマチックに深堀りする
  • [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

――今作を製作するTYPE-MOON、ufotableとのお仕事は『劇場版 空の境界』シリーズに続いてだと思われますが、どんな充足感、魅力がありますか?

「私は『空の境界』で、シリーズ全作で画に合わせて音楽を作る“フィルムスコアリング”をさせていただきました。その作業を通して、自分の中で学べたことがとても大きかったんです。私にとって、本当にターニングポイントと言える作品になりました。ufotableさんは、いろんなアニメ作品を作っていらっしゃいますが、私に依頼いただくのはダークな伝奇ものだったり、割と悲惨な運命が待ちかまえているような、スケールが非常に大きい作品が多いんです。いろいろな作品でサウンドトラックのお仕事を何度もさせていただいていますけど、例えば英雄がものすごい軍勢を引き連れて『行けーっ!』とか言って、敵陣に突っ込んでいったり、英雄が悲劇のうちにすごく悲惨な死を遂げる作品って、ufotableさんの作品かハリウッドの作品じゃなければ作れないのでは?って思うところがあって(笑)。悪役は高笑いしますしね。『ぅわははははは!』みたいなね。そういう作品の音楽を作るのは、非常に楽しいです」

1029624_615.jpg

  • 『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」第一章&第二章の音楽を手掛けた梶浦由記

――『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」』でのお仕事、手応えはいかがですか?

「この作品は『Fate/stay night』の各ルートの中でも非常にダークな物語だということに加え、音楽の役割も非常に大きいところがありますので、とてもやりがいのある作品だと思っています。[Heaven's Feel](以下[HF])は、間桐桜というヒロインに特化した、すごく陰鬱なラブストーリーで、このシリーズの中で一番生々しい作品だと思っているんですよ。桜の嫉妬心など、女子が持っているダークな部分を『ここまで描いちゃうの?』と思う部分もあったりするので、音楽面でのアプローチもかなりパーソナルな雰囲気で、興味深く作らせていただきました」

今夜、地上波で放送!『第一章』の見どころ&聴きどころ

1029289_615.jpg

  • 『第一章』の主題歌「花の唄」に、梶浦は「桜を好きになってもらいたい」という思いを込めたという
  • [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

――TV初放送となる『第一章』をご覧になる方に、注目していただきたいポイントはありますか?

「『第一章』も結構難しいんですよね。もうTVシリーズを観ている、原作ゲームをプレイされていることが前提で描かれているお話なので。でも[HF]は、他の『Fate』を知らなくても、桜という少女の立場に立って観ると、入り込みやすいのかなって思いますね。他の『Fate』のシリーズでは、人格的に完成された大人がたくさん登場するんですけど、ものすごく未完成な人間ばかりが出てくるところが[HF]の魅力かもしれませんね。特に士郎と桜のカップルの行方を見守るような作品かな、と。『もうちょっとうまく生きられただろう、君たち』と思うようなところが描かれるので、ダークなファンタジーとしても、不器用な少年少女のラブストーリーとしても観ていただけるんじゃないかな、と思います」

――『第一章』の主題歌「花の唄」の歌詞も素晴らしいですよね。

「普段はあそこまで登場人物に寄った歌詞は書かないんですよ。今回は、主人公の気持ちを代弁しているようなつもりで。あまり主人公の代弁をするのは、普段はいやらしくなりすぎるので避けていたんですけど、今回は、桜のことを映画をご覧になる方に好きになってほしくて。この話って、そこがないと始まらないなと思っていて。なので、あえて作品内のセリフを使ったりと、えげつないくらいヒロインの歌にしてみました」

『第二章』主題歌は、桜の生々しさ、攻撃的な部分も表現した渾身の曲


1029304_615.jpg

  • 『第二章』も間もなく公開。主題歌では桜の心理がより深く詞に、音楽に表現される
  • [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC


――『第二章』の主題歌「I beg you」は、どういったコンセプトの楽曲なのでしょうか。



「『花の唄』は、映画をご覧になった方に『この曲いいね』と思い入れていただけたら、そこを通してより桜を愛していただけたら…を目指していたので、伝わりやすさも意識した“皆さまにも、士郎にも愛してもらえそうな桜の歌”として書いたのですが、『I beg you』はもう一枚ヴェールをとっぱらったと言いますか、正直『花の唄』よりこちらの曲が好き、という方は少ないのではと思いますし、それでいいと思っています。“好き”とかそんなところじゃないというか。自分では『第二章』の桜を描くエンディングテーマとして、すごく納得のいく曲にはなりましたので、皆さんにもそう思っていただければいいなと願うばかりですね。『第二章』は桜の闇、いわゆる病んでいる部分により迫るような曲にしようと書き初めてみたのですが、よくある“病み曲”のズブズブ沈んでいくような切り口では上手く行かず、というのも桜って病んでいる自分が好きじゃないし、すごくドライで計算高いところもあるんですよね。自分を突き放して冷笑しているような一面もある。そういう人に、自己陶酔しているような病み曲は全然合わなかったんですよ。彼女の冷めた目線や打算的なところ、妙な生々しさをちゃんと出したいな、と思って書いていたら、サウンド的にもウェットな方には行かずすごく自分でも意外な線に行っちゃって、それが一番しっくりきたんです。渾身の作ではあるので、皆さんがどう受け止めてくださるのかが楽しみです。歌詞にも少し攻撃的なところがあるので、歌ってくださるAimerさんサイドの皆様からNGが出たらどうしようと思っていたんですけど、とても楽しみながら歌ってくださったので安心しました」



1029307_615.jpg

  • 『第二章』は19年1月12日(土)よりロードショー。梶浦の手掛けた楽曲も必聴!
  • [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC


――興味深い創作話です。ちなみにアニメのお仕事と実写のお仕事では、作曲プロセスに違いはあるのでしょうか?



「これはとても感覚的なものなんですが、実写の音楽って、空間を裏切ってもいいというのがあるんです。たとえば、すごく広い野原のシーンで、とてもドライなピアノを流しても、実写だとすごくカッコイイんですよね。音が空間の広さを裏切っても、観ている人が視覚から入る情報で、無意識に『このピアノの音は主人公の心の中の音だ』と判断してくれたりするといった、意図的な演出をすることができるんです。でも、作品にもよりますが、感覚的にアニメーションだと、広い空間の中で狭い音を流すと、ギュッと空間が圧縮されてしまう感じがするんですね。だから、実写では空間の広さを裏切るけど、アニメでは絶対に裏切らないようにしています。アニメでは設定に則した音を流すようにして、世界観を作るのに音もちゃんと荷担していようと常に思っています。だから、作品の中で描かれる世界の広さとか、色などは気にしています。まずは、脚本と背景画などをいただいて、世界観の広さとか、色合いとかそういったところを考えながら音楽を作っていますね。自分の気持ちとして、そういうものに音楽が沿うように意識して作った方が、効果があるな、と思っています。完成した作品を観た時に、画面の暗さとかを気にして作った曲の方が、主人公たちのセリフなどがしっくりくることがありますね」



――年が明けて、『第二章』を鑑賞される方々へメッセージをお願いします。



「『第一章』をご覧になった方にとっては、もう『第二章』は相当強烈なものになるんじゃないかと楽しみにされていると思いますが、その予想を裏切らない強烈な作品になっていますので、ご期待ください」

取材・文/中村実香
 
Top